社会人ってなんだろう?

アクセスカウンタ

zoom RSS 東芝、HD-DVD撤退へ

<<   作成日時 : 2008/02/17 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ブルーレイ vs. HD-DVDの規格争いにもついに決着がつきそうです。


 日本でもアメリカでも、年末商戦でBDが圧勝、映画大手のワーナーもBD支持、さらには、ウォルマートまでBDしか店頭に置かないという方針を打ち出し、劣勢が伝えられていたHD-DVD。昨日の報道で、ついにHD-DVDを推していた東芝が撤退する方向で最終調整に入ったと伝えられました。
 東芝には申し訳ないですが、これで次世代DVDが一本化されるのはいいことだと思います。消費者にとっては、規格争いなど不毛なだけで意味はあまりないでしょうし(価格争いになって安く手に入るかも知れませんが)、購入したあと使えなくなるということもなくなりますから。

 これを機に、次世代DVDの普及も進めばいいですね。そうなれば、量産効果も出て、価格も安くなるかもしれませんから。
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
規格統一は消費者にとって良いことだと思います。でも価格はHD DVDの方がディスクの価格は原理的に安くできます。DVDのディスク生産機械を流用できるのは、HD DVDです。BDはディスク生産自体も新規設備投資も必要で、消費者にとっては価格面では極めて不都合な規格に統一されてしまいました。規格競争は消費者にとって不毛ですが、消費者不在のままで単純に企業の力関係だけで決まってしまうことは、ちょっと考え物ですね。
一般人
2008/02/17 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
東芝、HD-DVD撤退へ 社会人ってなんだろう?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる